ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から一覧 > 記事


【社会】

豊かな農地奪わないで 名古屋・守山区の認定農家、区画整理で移転要請

2008年3月21日 朝刊

自然を生かして専業農場を営む野田幸子さん。後方の雑木林中央にクロガネモチの木がある=名古屋市守山区中志段味で

写真

 名古屋市守山区で、自然を生かして野菜などを作っている農場が、土地区画整理のため移転を迫られている。農場を営むのは300年以上続く専業農家 で、農業の担い手として認められた市の「認定農業者」にもなっている。周辺には幹回り3メートルもの巨木に、希少生物の生息…。豊かな生態系の中ではぐく まれてきた農業を絶やさないでと、存続を願う6000人余の署名が集まり、松原武久市長に届けられた。

 守山区中志段味(なかしだみ)沢田の野田輝己さん(59)と妻幸子さん(58)、娘夫婦の家族4人で営む「野田農場」。

 庄内川流域の肥よくな土質に恵まれ、1ヘクタール余の農地で、トマトやキュウリ、インゲンなどの野菜をハウス栽培しているほか、米を作っている。ハウス栽培農家で1ヘクタール規模の農地を持っているのは市内でも10戸ほどしかない。

 農場西側には、高さ15メートルのクロガネモチを囲む竹林があるほか、水辺にはウナギに似たスナヤツメといった絶滅危惧(きぐ)種やクサガメなどが生息。オオタカが羽を休めに飛来するなど、貴重な生態系が農地と共存している。

 中志段味地区では、周辺を「新市街地」として整備するため、約200ヘクタールを対象に区画整理事業が始まり、1995年に組合ができた。2度にわたる計画変更を経て今月26日には、代わりの農地となる移転先が組合から示され、2カ月後に正式決定する。

 移転先は農場北側で、一帯は2メートルかさ上げした造成地。野田さんらは区画整理事業そのものには反対していないが、「2メートルもの盛り土をした上では、これまでのような自然に根差した農業はできない」として、今の土地で農業ができるよう継続を求めている。

 1月と2月には、名古屋の中心部・栄で、認定農家として地域農業を支えていることや、生態系を守ることにも寄与していることを訴え、6000人を超える署名を集めた。

 区画整理組合や市の志段味総合整備推進室は「個別の事情すべてには対処しきれない。対象地は市街化区域で、地元の合意の中で進めている事業なので理解してほしい」としている。

 【認定農業者】 農業経営基盤強化促進法に基づいて、安定した農業経営を継続的に担う農業者として市町村の認定を受けた農業経営者や法人。国の食 料、農業、農村計画に沿って意欲と能力のある担い手の育成・確保に積極的に取り組むのが目的。名古屋市では31人と2団体が認定されている。認定を受ける と、金融や税制面の支援などを受けることができる。

■「里山に生きる」の著者で水辺環境に詳しい愛知県河川整備計画流域委員会委員の国村恵子さんの話

 食の安全が叫ばれ、関心が高まっている中で、志段味地区の開発は都市の農地を計画的、現実的な方法で残す最後のチャンスといえる。優良な農家が「生きた土地」「生きた田んぼ」として長年培ってきたものが、失われるのであれば残念だ。

この記事を印刷する